ラジオ クラウドナイン
【書き起こし:2週目】

松重 豊×木野 花

1週目:2017.11.28 O.A.
2週目:2017.12. 5 O.A.

松重豊さんがDJを務めるFMヨコハマ『深夜の音楽食堂』に、木野花が2週連続でお邪魔した回のオンエア書き起こし。
ラジオを聴けなかった方へ、これから「クラウドナイン」をご覧になろうと思われてる方へ。
松重さん、番組ご関係者さまにご許可をいただき、オンエアすべて掲載させていただきます。

2週目 2017.12.5 O.A.より

潮風がかすかに香るこの町、横浜。港を背にレンガの道を2〜3分歩き、路地を曲がればこの店があります。扉には「音楽食堂」の文字。ここは火曜の深夜にだけオープンするお店。
あ、「音楽食堂」オープンの時間です。どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。
  ~タイトルコール~
 
   
松重 FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』へようこそ、マスターの松重豊です。
えーー先週ね、木野花さんがね、いらっしゃいまして。木野さんの芝居の稽古をやってるときの話しなんですけどもねー。ちょうどね公演が1月の下旬ぐらいから始まる芝居だったんですよ。それでね、もう稽古が年末年始に跨いじゃったもんでね、まぁ1月の3日・4日ぐらいにも稽古してるとなると、なかなかこうまあ、周りはそういう正月気分でいるのに、なんで稽古しなきゃいけないんだっていって、稽古場でそういうことをブツブツいってたらねー、(木野さんが)「じゃ、花やしき行こう」って。「花やしきですか?」みたいな感じになって。「だって行きたいんでしょアンタたち」っていって、まあそれでね、花やしきに行ってね、役者全員でなんかジェットコースター乗ったり、そのあと浅草散策して。そんときね、一緒に出ていた、いま亡くなっちゃったんですけども、金久美子(キム・クミジャ)さんていう素敵な女優さんがいて、その人の知り合いの焼肉屋があの辺にあってですね。そこで食った焼肉以上にですね!キムチが美味しかったんですねぇ!うん、ちょっともう酸味がツンッとくるぐらいのねぇ、もうそのキムチが美味しくてですね、それを持ち帰ってお土産に買ってね、持ち帰って食べたのが忘れられないぐらいに美味しくてですね、木野さんには有り難いなと。ま、この後ね木野さんはいらっしゃいますけども、えーちょっとそういう話しを。えー映画「探偵はBARにいる3」先週から公開始まっております。えー、サウナシーンで私の乳首を見たい方はどうぞ劇場へ足をお運びください。別にどうでもいいんですけど(笑)ええ、大泉洋くんも乳首を晒しております。さて、深夜の音楽食堂、今夜も女優で演出家の木野花さんがご来店です。
この後すぐのご登場、今夜も最後までおつきあいください

松重 松重豊がお送りしているFMヨコハマ『深夜の音楽食堂』今夜のお客様はこの方です!
木野 どうも、木野花です
松重 よろしくお願いします
木野 よろしくお願いします
松重 先週、舞台「クラウドナイン」は東京芸術劇場で始まりました!
木野 はい
松重 そんな忙しい中でのご来店ありがとうございます
木野 いえいえ
松重 先週はね「集中と開放」的な話しをしましてね
木野 えへへへへへ(笑)覚えているかしら、みんな
松重 いえ、覚えているというかね「集中と開放」、役者にはね、必要なんですよ、あのーほんとにね、自意識という殻をね、ひとつ破らないとね、人前に立つ表現にはならないというね。その開放というものを獲得したらラクになるというね
木野 ほんとラクになるのに、なぜ皆あんなに必死で自分を守ってるんだろう。守りになんないのよね、ほんとはね
松重 でもね、オレそんときに言われたダメ出しでね、いちばん謎に包まれてるのがね
木野 なに(笑)
松重 「アナタにはね、色気がないのよ」っていうね
木野 あっははは
松重 「その色気がないんだったら、アンタ35までに消えるよ!」っていうね。内田春菊さんとね…
木野 あははははははははっ(爆笑)
松重 木野さんが一緒で。オレ、木野さんの芝居出てる時に、二人で飲み屋で絡まれてね
木野 芝居終ったあとの飲み会で
松重 飲み会でさ
木野 絡まれたのよね
松重 絡まれてさ
木野 松重めっちゃ怒ってて(笑)
松重 いやいや怒ってってね(笑)言うに事欠いてね、春菊さんと木野さんでね「アンタさ、女の人にお尻舐められたことないでしょ」て
木野 あはははははは!それが春菊さん一流の挑発なのよ
松重 「だからねーだめなのよーオトコの色気がなんにもない!」っていって、言い放たれて
木野 言われたね
松重 言われました
木野 あたしはそこまで言ってない!
松重 ははははは
木野 ただ、なんだろうなー。松重はね、見てるとパワーが半端じゃないわけですよね
松重 あの頃ね。デカかかったしね
木野 だから、派手なの。だけど、ここにもうひとつ「色気」というものがついたら無敵だなっていう感じはあったわけ
松重 へえー
木野 それぐらいあなたはね、性に対して閉じてたよね
松重 性に対して閉じてた。あぁ…
木野 閉じてた
松重 うん
木野 なんかこれはヤダ、あれはヤダ、女の人はそういうことはして欲しくないとか、いろんな
松重 そうだっけ?(笑)
木野 あったんだよ、松重の中の性に対する常識が
松重 うん、あ、常識ね
木野 で、かたや春菊さんてさ、そこをもう取っ払っちゃってるヒトじゃない?
松重 ははははははは
木野 そのヒトと会っちゃって、ああいうこと言われたけど、でも、確かに堅いなと思う
松重 うん、思う思う今でも
木野 あの頃、ね
松重 やっぱりね、色悪とかあるじゃないですか。そういうやっぱ伊右衛門があの頃やれないっていう
木野 うん
松重 ああいうなんか色気のあるワル?
木野 うん、ワルね
松重 っていうのは
木野 四谷怪談
松重 四谷怪談ね、そういうのやっぱちょっとオレ苦手だろうな~って
木野 でもさ、一見やれそうじゃん
松重 うーん
木野 松重がやったらどうだろうなって思うじゃないの
松重 って思われるでしょうね
木野 でも、あーいう、ちょっと女殺しの男って苦手でしょ?
松重 苦手かもしんないですねー、今でも苦手かもしんないですね
木野 それって勿体ないなーって思っちゃうわけ、こっちは
松重 うんうん
木野 やらせてみたいなって思う役って、いっぱいあって、だからその「クラウドナイン」のジェリーの役こそ、まさにゲイで
松重 そうそう、あのー
木野 男ひっかけて、
松重 今「クラウドナイン」で出ている一幕と二幕でね、全然役が変わっちゃうんですけども、僕は一幕、それはマシュー・ロイドっていうイギリスの演出家でやったときは、一幕がジョシュアっていう黒人奴隷ね
木野 召使いね
松重 召使いの役から、二幕はジェリーっていうハードゲイの、ま、色気の固まりみたいな役だったんですけども。そっちがなかなか上手く行かなかったんですよねぇ
木野 でしょ。いや観てみたかったけど、あたしそれ観そびれてるから、どうやったんだろうって思うんだけど、苦労したでしょうね
松重 苦労しましたね。だから最後までなんかわからないなーと思いながら、なんとなくやっちゃったっていう思いがありますね
木野 うん、今どうなんだろうね?
松重 今どうなんでしょうねー、この間「クラウドナイン」読んでみて、僕があの頃抱えてた課題っていうか、あ、ここがなんか作っちゃってセリフにしちゃったなーってところも、今ならなんとか誤魔化せるくらいのものが、少しは獲得出来たのかもしれないとは思います
木野 うん
松重 ただ、まだわからないですね
木野 でも、そういうあたしも苦手ですよ
松重 あ、その性に対しての?
木野 うん
松重 うん、木野さん真っ赤になるからね、すぐね
木野 真っ赤になっちゃうの
松重 ふふふふふふ
木野 あたしあの、手を握るシーンがあったんです、加藤健一さんと夫婦の役でぇ!ただ手を握ってラスト終るってのに、稽古場で最初手握って立った時に、赤面…
松重 はっははははははは
木野 それで「木野さんなに赤くなってんの?って言われて、めっちゃくちゃ恥ずかしくて、だから抱き合うとかキスシーンとかベッドシーンとか、ありえないわけさ
松重 人にやらせることは、要するに、なんであんたそんな守りに入んのとかって言っときながら
木野 そうそう、うん
松重 自分に降り掛かってくると
木野 いっぱいあるよ、やれないこと
松重 途端にさあ、青森のおぼこい娘に戻るよね
木野 そこ苦手だあたし
松重 今でも?
木野 今でも、ちょっと本当に、もうこの歳だからそういう話し来ないから、もう安心なんだけど
松重 いや、わかんないですよ
木野 いやほんとあたしベッドシーンやったことないんで、
松重 え、まだ?(笑)
木野 ないのよ、全然
松重 えっへへへへへ(笑)ホントに?
木野 キスシーンもないの!
松重 えー、避けて通ったとかじゃなくて?
木野 もーホントに、こっそりこう逃げた感じで、ホントにない、ないです!
松重 やりましょうよ!
木野 ホッとしてるわけですよ、いやいや、もはやイイんだけど。ほんとそんな感じ
松重 クラウドナインなんてそういうシーン、そういう話しばっかりで
木野 ええ、ええええ
松重 そこでも演出はちゃんと演出はするわけですよね、役者に対して
木野 演出は厳しいよ、ほんとにね
松重 ははははははは
木野 ふふふ
松重 ふーん、その女優やるってことと演出家をやるってことっていうのは木野さん中でスイッチできるんですか
木野 スイッチある。はっきりあると思う
松重 ふーん
木野 右脳と左脳の機能を、だから役者のときは右脳を全開で、演出のときは左脳全開っていうふうに、どっちも混じったりはしてるんだけど極力そっちをちゃんとしないと演出やっててピャーーーッとなっちゃうのあたし、
松重 本能的なものが
木野 そうじゃなくても、ちょっと危ないじゃないあたし(笑)
松重 ふっふふふふふ
木野 だから、
松重 もともと木野さんの演出って、理路整然と何かを語るわけじゃなくて、ほら、アンタもっとそこガーッと行かないと!もっとグッとさ!なんかさ!アーってほらあるじゃない!ほら、そこ!違うのよっ!そうじゃなくてウッとやるのよっ!っていうさ
木野 そうそう、で、最後には命かけてよ!ってことになるじゃない
松重 命かけてホームラン打ってっていう
木野 それ、長島さん?(笑)なーに、それ、あっははは
松重 いやそこがさあ、僕らにもさあ、なんか理路整然と言われるよりも心に響くことがあったから、やっぱ木野さんとやると変わるし面白いよっていう、なんかこうあったんですよね、思いがね
木野 ふーん
松重 えー木野花さんにはこの後もうかがっていきたいと思いますが、音楽食堂ここで一曲行きたいと思います。今夜も木野花さんのリクエストからです、えー何を?
木野 高橋竹山さんの「津軽よされ節」。津軽三味線ですね
松重 うーむ、これを選んだ訳は?
木野 高橋竹山さんって、まあ津軽三味線の元祖みたいな方で、まぁほんと名人中の名人なんですけども、もうお亡くなりになってて。あのね、子どもの頃からうちの母親が好きでラジオとかでかけて、子どもの頃から聴かされてたんでんすよね。で、そのときは別になんてことなく聴いてて、最近ちょっと耳にして聴いたら、血が騒ぐ…っていうか、あたし、こういうものがあたしの血に混じってるんだなぁっていうソウルを感じたんですよね。ルーツというか
松重 へぇー、じゃあ聴いていただきましょう、高橋竹山で「津軽よされ節」
  ♬~曲~
 
 
松重 (曲を聴きながら)綺麗ですね
木野 綺麗
松重 なんかもっとベンベンって感じってよりも
木野 ジャンジャンじゃなくて、すごく澄んでるの。それも子どもの時はわからなかったけど、いろいろ聴いたあとで聴くと、音の出し方が全然違うと思った
松重 はーあ
木野 こうちょっとした、こう…やっていく時に、あぁ深いとこまで来るなぁって感じで、いいんですよ、改めて聴くと
松重 むかし住んでたアパートで、となりに工事現場のおじさんたちの寮があったんですけども、休みの日、日曜日の朝に、ホントに津軽三味線毎週弾いてるおじさんがいたんですよ
木野 弾いてんの?生で?
松重 生で
木野 うん
松重 もう、うるさいんですよ(笑)やめて欲しいんだけど、なんかね、聞き惚れちゃうの
木野
松重 うん
木野 これね、ニューヨーク公演とか行ってるんですよ。ものすごく大盛況で、やっぱわかる、通じるんだなっていう
松重 これやっぱり青森の人っていうのは、聴く機会は多いんですか?
木野 かかってるね、しょっちゅう
松重 へーえ
木野 で、もうね青森はね、津軽三味線とねぶたと、それからあの、版画の
松重 版画?棟方志功
木野 棟方志功。あーいう感じ。わかる?そして吹雪
松重 ふふふふふふふふふ、へー
木野 こういう風土なの。だからなんか。ひっそりしてそうで、底が激しいの
松重 あーあ、FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』お送りしたのは今夜のゲスト、女優で演出家の木野花さんからのリクエスト、高橋竹山で「津軽よされ節」でした
木野 はい
松重 えー、津軽から一気にアフリカの方の話しに行きたいと思いますけどもね、現在、東京芸術劇場シアターイーストで木野さん演出の「クラウドナイン」を上演中ということでございまして、イギリスの劇作家キャリル・チャーチルの作品。イギリスの植民地だったアフリカを舞台にした家族の物語という、まあそういう簡単な物語じゃないですけどもねー。これを演出されるのは、今回で3回目と
木野 はい
松重 初演は30年近く前ということで、30年経ってこれもう一回やろうっていう一番のモチベーションって何だったんですか?
木野 あのね、まずね、ずっと自分の中に宿題残した感じがあったんです
松重 はいはいはい
木野 何かやり残してるなって思いがあって、ずっと気になってて。で、久しぶりに読んでみたら、全然古くないって思ったの
松重 うん
木野 だから、あ、今こそやってもいいのかなっていうのがひとつと、30年経って自分がどう変わったのかを検証してみたいなっていうのもあったの
松重 あーーーあ
木野 わたしあの頃、死にそうだったの、クラウドナインやって
松重 なんでですか?
木野 手に負えないものを始めて、だからもう仕上がんないじゃないかって感じなのよ。遅れに遅れるわけですよなんか、いろんなことが
松重 それは演出…誰かに演出することに結構時間がかかって
木野 もうホン(戯曲)読むことも。読み込んで…だってほら、青い鳥のときって自分たちで書いてやってるから読む必要ないじゃない、ホンを読むなんて。でも他人が書いたものってわからないことだらけなのよ
松重 うーん
木野 こんなことかなって思ってても裏の裏があったりして、あ!ここにこうあるってことはここはこういう意味なんだとか、もうすんごく、読まなきゃいけなくて追いつかないわけ
松重 別に不条理劇とかそういうのじゃないわけですからね、これ、
木野 そんな単純…単純でもないんだけどね。そういう分かりやすく、そうやればイイてことでもないわけよ。で、見せ方も大失敗するとほーんとつまんないことになるの。なんか説教くさいような、なんだかよくわかんない芝居になっちゃうから、オモシロイ芝居にしたかったの、とにかく。そうするともうやらなきゃいけないことがあまりにもあって、気が狂いそうになったホントに
松重 うーん
木野 もともとちょっと変だけど、なんかギャーーーって、家帰って泣いてた
松重 へーえー(笑)
木野 出来ないかもしれない!とか思って。もうなんとか追い込んで、それこそ死んでくれみたいに追い込んで、
松重 オレでも、勝村(政信さん)出てるやつ面白かったと思ったんですけどもねー
木野 うん、だから、なんとかかんとかは、やったんですよ。でも、もうちょっと、ちゃんと、まだあるなーと思って。で、あたし最近ね、そういうことでいうとね、あんまり死ねとか言わなくなったの。こーれ、どうなの!(笑)死ねってあたし殺人鬼?
松重 死ねって言ってたんだよぉ!(笑)
木野 いやいやいや
松重 あのね、今の
木野 命かけてとかね
松重 パワハラっていう言葉があの当時にあるなら
木野 パワハラだらけだった
松重 木野さんは訴えられてますよ
木野 うん
松重 僕はね、後にも先にも演出家に縛られた、柱に縛られたことは僕は木野さん以外ないですからね「もう松重あんたの動きうるさいからさ、一回縛っていい?」て言われて、柱に縄でぐるぐる巻きにされて、それでセリフ言ってみてって。確かに僕はね、動きながら手をね、なんか…
木野 (笑)この大きい体で手をね
松重 持て余してるわけ
木野 こうヒラヒラ、こうやって動くから、うるさいわけよぉ
松重 うん、はっはっははははは
木野 邪魔なのよね、セリフに
松重 うん、結構ね、見学してる人たちもね、あっけに取られるくらいにね。うわ!松重縛られてるよっていう(笑)まあほんとにそういうなんかね、すごい具体的に、タガをはめるという演出をやってくれるんでね、ありがたいんですけども。ま、そういうことを演出家としては…
木野 いやもう必死だったから。役者ずいぶん追いつめたなとは思って、反省もしつつ、だんだん、木野花ドラマスタジオってのを自分でやって、10年くらいやって、若い子たちを演出してるうちに、いろいろ判ったんですよ
松重 ふむふむ
木野 あっ、怒らなくても変わる方法がある!要するにさ、変えたくて怒る訳じゃない?追い込む訳でしょ。で、テンション上げたくて追い込んだりするじゃない?でも、ちゃんと戯曲をきっちり読ませて、このセリフをこういうふうに考えてごらんとか、このセリフは悲しげに書いてるけど、本当は笑ってるよとか、読ませるわけ。そうすると、ああ!って気づくのね。で、やると、何一つ怒らずに変わったぞってことが何度かあって「そうか、あたしって説明不足だったな」って
松重 っていうかさ、あの時代の僕らにそれやっても
木野 まあね
松重 だめなのかもしれないね
木野 まあね、それもあるよね。時代があったよね、ひとつ
松重 時代もあるし、今の若い子にやっぱ馬鹿だの死ねだの言ったら、
木野 ホントに死ぬから
松重 じゃ、帰りますって帰っちゃうし
木野 帰っちゃうし、やめるし
松重 ホントに死んじゃうしさ
木野 そう、ほんとに、怖いわけ
松重 でもやっぱり、ちゃんとオレらこんなこと(説明)されてないなっていう。「この話しはね、伏線でこうなってて、この人今こう思ってるから、ここはコッチ向かない方がいいんじゃないのかな」ってことをすると、すごく素直にさ…
木野 そうなのよ、今の子たち
松重 芝居は今の子たちの方が上手いんですよ
木野 なのよねー
松重 クオリティは高いんですよ
木野 でも、テンションが低いの
松重 テンションはそりゃもうねー
木野 低いのよ
松重 テンションの高いっていうことを実感した世代じゃないから、私生活・実生活においても
木野 うん、でもほら、必要とされる芝居があるじゃない
松重 ありますねぇ
木野 ね。それがないと成立しない芝居だってあるじゃない
松重 うん
木野 シェイクスピア静かにやったらどうなるんだろうね
松重 そうなんですよ、だからシェイクスピアとか時代劇だとか要するに、生きる、死ぬ、殺す、救うとかってことを、命をかけた時代っていうものを、やっぱり芝居は投影しなきゃ行けない時は、或る方法論で引き上げなきゃその子達のテンションを上げなきゃ。そういう話しがあるんですよね
木野 そうそうそう
松重 えー、まだまだお話伺って行きますが、深夜の音楽食堂このへんでまた曲にまいりましょう、こちらも木野さんが選んだ曲です、何を?
木野 ジョルジュ・ムスタキの「私の孤独」
松重 おぉぉ
木野 これはね、忘れもしない30代の初め頃なんですけどね。ほら孤独ってさ、寂しいとか不安だとか、ひとりぼっちとかってイメージがあるじゃないですか。だから孤独怖いなってまだ思ってた頃ですよね。で、これふっと聴いた時に、胸に沁みたのね。で、なんでだろうって思って、フランス語だからよくわからなくて、あとで歌詞見たら、私はひとりぼっちじゃない、私には私の孤独があるから、いつも語りかけてくれる孤独がいるっていう。で、あ…人間は、だから、生まれて死ぬのは1人で、基本孤独ってことを抱えて生きて行かなきゃなんないから、逃げずに友だちにして、怖がらずに孤独に向き合えってお話なんだなって思ったわけですよ
松重 うーん
木野 それで、ある種漠然とした孤独に対する不安とかが、ちょっとなくなったっていうか、いいんだっていう。1人ぼっちじゃないんだっていうか
松重 じゃ、ジョルジュ・ムスタキで「私の孤独」
~曲~
 
 
松重 今回「クラウドナイン」ですけど、どんな感じなんですか、今、高嶋政宏さん、このヒト、変なヒトですからね(笑)
木野 思った以上に変人ですよ(笑)
松重 皆さん、初めてとか、何回目とか
木野 入江(雅人)さんは一度ご一緒して
松重 イリぽん
木野 役者同士で。演出はしてないんです。男優陣はもう全然、正名さんも、高嶋さんも、三浦さんも初めてなのね
松重 あ、そうですか、へぇ
木野 ま、でも、いろいろ観てるからこっち側としては、とにかく面白そうな人たちってことで声を掛けたら、高嶋さんなんかね、だいたいの役者さん達は難しそうだって尻込みするんですよ
松重 この戯曲に関してね
木野 戯曲を読んで。ま、それはわかるんです。高嶋さん「面白いね!!この戯曲!!」で始まったから、初めて会ったとき
松重 あーー、この兄弟は、ご兄弟はね、アングラ好きなんですよー
木野 そうなんですよ
松重 もうホントにね、いい育ち方をされてる二人なんですけども、なーんかアングラ志向で、アングラの芝居いっぱい観てますし
木野 こういうのに出たい!って感じなの。で、三浦さんは三浦くんで、変わりたそうにしていて
松重 サラブレッドですからね、彼もねー
木野 ちょっと挑戦したいなって感じで引受けてくださったの
松重 いい役者ですよねー三浦くんはねー
木野 いいです、あたし、大好きです
松重 僕も大好きで、僕も共演して
木野 この人のなんだろ、なんとも言えない人柄、自然な感じ、無理しない、嘘つかない感じがあって
松重 それぞれ、役を一幕と二幕で、こうボンっと変えるじゃないですか
木野 はい
松重 そこも含めてキャスティングされたってことですよね
木野 そうですね、これをやってもらったら面白いだろうって部分と、苦労するだろうって部分はみんな抱えて
松重 A面とB面でね
木野 そう、みんな抱えてます。でも、そこをね、自分のものにしたら、なんかアガる感じがするじゃない?この戯曲、なんかそんな感じがするの、とっても
松重 そういう演出家・木野さんから、三浦くんみたいな若い役者、僕らの世代と違う若い役者さんに対して、最近どういうアドバイスをすることが多いですか?
木野 あのね、やっぱ、その時代の子達の特有な個性ってのがあるだろうなと思う。そこを無理くり追い込んで、命かけろだなんだって言っても閉じるだけだから、もうそれは今はやらないようにはしてる。だから、まず何をやりたいのかな?どういうところにいるのかな?ってのを知ることから始まって、それでハードルすごく低くして、ちょっとずつちょっとずつって感じではある。そうすると、やっぱり何かを獲得して行くっていうか、苦手なものを獲得して行くことって楽しいじゃん?
松重 うんうんうん
木野 どんな世代だろうと
松重 そうですね
木野 ものにしていくってのは
松重 未知の領域に入るわけですしね
木野 だから、それは、興味を持ってついてきたりするから、結構時間のかかる気長な作業ではあるけれども、みんなのそのレベルから、ちゃんと出発していく感じはあるね
松重 昔の木野さんを知ってる僕らからみると、そういう木野さんを見たいね、稽古場でね
木野
松重 ほんとにね
木野 優しいよ〜
松重 若い子に優しいさー、なんかさ、好きなのかなこの子をって思われるくらいにさ
木野 いやいやいや(笑)
松重 なんかさ、優しく口説かれてみたいな、そうやって(笑)
木野 口説きやしないけども、はい、やさしいですね
松重 変わって行くってことですね
木野 変わりますね、わたしだって
松重 「クラウドナイン」楽しみです。えー深夜の音楽食堂、そろそろお別れの時間になってしまいました。最後に木野さんの今後の情報をお伝えしておきましょう。モチロンプロデュース「クラウドナイン」現在、上演中。東京公演は東京芸術劇場シアターイースト、池袋ですね。12月17日まで。大阪公演は、12月22日から24日まで、OBP円形ホール、詳しいことは大人計画ホームページ内「クラウドナイン」のページをチェックしてください。
FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』今夜のお客様は、女優で演出家の木野花さんでした。ありがとうございました
木野 ありがとうございました
松重 おやすみなさい
   
〈転載不可〉
 
FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』
DJ:松重 豊 ゲスト:木野 花
【オンエア DATA】
1週目:2017年11月28日(火)24:30~25:00
2週目:2017年12月5日(火)24:30~25:00
Fm yokohama 84.7
番組HP(ブログ):http://blog.fmyokohama.jp/yashoku/
(C)2017 YOSHIZUMI MORTORS .inc All Right Reserved.